CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< アルバルク東京 竹内譲次選手へインタビュー | main |
健康維持の運動でケガ!?〜適切な運動で予防しましょう〜
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    お久しぶりです。

    少しずつ日常を取り戻しつつも、まだまだ制限の中での生活が続きますね。

    慣れない新しいリズムの中ですが、前を向いて頑張っていきたいと思います!

     

    さて、

    外出制限が続いていた中で健康維持の為ランニング需要が

    増えていますがケガをする方が増えているようです!

    残念ながら運動に関する正しい知識を持った方や、正しい情報が少ないのが現実です。

     

     

     

    何故ケガをする方が多いのでしょうか...

    しばらく日本では運動の前後では良くストレッチをするように言われていました。

    言い換えると「静止した状態で特定部位の筋肉を伸ばす姿勢」といった感じですね。

    実はケガの予防という観点ではそれほど高い効果があることではありません。

    むしろ普段何もしていない人がはりきってストレッチしすぎるとケガする恐れすらあります。

    無理に伸ばすことで筋肉や腱を痛める(傷つける)恐れがあるのです。

     

     

    運動時に関節に付随する筋肉は収縮と伸展をします。

    さまざまな部分が運動連鎖し成り立ってるのです。

     

     

    何が言いたいのかというと、「準備運動(ウォーミングアップ)」をするのであれば

    体の様々な部分をゆっくりと大きく動かしてあげれば良いのです。

    少しずつ眠っている体を呼び覚ますイメージで優しく動かしてあげてください。

     

     

     

    じゃあ何をすれば良いの?

    運動不足解消であればウォーキングで十分です。

    ダイエット的な役割も大きいかもしれませんが、カロリー消費の観点でいえば

    ウォーキングでも一定時間すれば十分に消費できます。

    あとラジオ体操!これも結構理にかなった運動となってます。

     

    競技者じゃなければこれで十分です。

    もしランニングしたいのであれば最初はジョギング程度から少しずつ距離を伸ばしていってください。

    無理ない程度に。無理した途端にケガのリスクは一気に高まりますから。

     

    あと最後に骨格!骨格は遺伝や幼少期の影響が大きく大人になってからでは結構どうにもなりません。

    普段運動しない人はただでさえケガしやすいのに、骨格が崩れていれば更にリスクは高まります。

    そこでシダスインソールの出番です。

    潤滑油みたいな役割ですかね。土台となる足元から整えてあげれば

    体は正しく動かしやすくなります。

     

     

    今回ちょっと理屈っぽくなってしまいましたが、

    皆さんが少しでもケガ無く運動を楽しんでもらえればと思います。

     

     

    それでは次の投稿ではもう少し世の中が好転している事を願って。

     

     

    | スタッフブログ | 09:50 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする